1. Home
  2. 浮世絵
  3. 広重
  4. 東都名所
  5. 東都名所 外さくら田弁慶堀

広重 東都名所 外さくら田弁慶堀

zoomup_photo
商品NO. A1-92-001
シリーズ 東都名所
タイトル 東都名所 外さくら田弁慶堀
作者 広重
年代 安政3年(1856)
状態 穴,シミ,中折れ
サイズ 37×24cm
価格 50,000円(税込)
タグ

広重(ひろしげ)
寛政9年(1797)〜安政5年(1858)
浮世絵師。画号に一遊斎・一幽斎・立斎・歌重などがある。豊広の門人で狂歌本の挿絵や 役者絵 を初筆として画業に入る。天保3年、幕府八朔の御馬献上の行列に随行して上洛。その時の印象を翌年『 東海道五十三次 』に結実させて刊行。好評を得て 風景画 家としての道を進む。以後、諸国 名所絵 、江戸 名所絵 の傑作を発表。代表作に『東都名所』『 名所江戸百景 』等がある。

東都名所
『東都名所』は天保2年(1831)頃、 広重 が最初に出した 風景画 シリーズである。10枚揃で一幽斎描きともいう。それまでは 美人画武者絵 、おもちゃ絵、 役者絵 や挿絵など幅広い作画活動を展開していたが振るわなかった。しかし 広重 はこのシリーズで 風景画 家としての本格的スタートを切り、続いて天保3年(1832)に刊行された『保永堂版 東海道五拾三次 』が大人気となり風景版画家の地位を確立した。