1. Home
  2. 浮世絵
  3. 広重
  4. 隷書東海道
  5. 東海道五十三次 大尾 京(隷書東海道)

広重 東海道五十三次 大尾 京(隷書東海道)

zoomup_photo
商品NO. A1-93-105
シリーズ 隷書東海道
タイトル 東海道五十三次 大尾 京(隷書東海道)
作者 広重
状態 穴,シミ,焼け,破れ
サイズ 37×25cm
価格 60,000円(税込)
タグ

広重(ひろしげ)
寛政9年(1797)〜安政5年(1858)
浮世絵師。画号に一遊斎・一幽斎・立斎・歌重などがある。豊広の門人で狂歌本の挿絵や 役者絵 を初筆として画業に入る。天保3年、幕府八朔の御馬献上の行列に随行して上洛。その時の印象を翌年『 東海道五十三次 』に結実させて刊行。好評を得て 風景画 家としての道を進む。以後、諸国 名所絵 、江戸 名所絵 の傑作を発表。代表作に『東都名所』『 名所江戸百景 』等がある。

隷書東海道
天保3年(1832年)に刊行された『保永堂版 東海道五拾三次 』は、 広重 の浮世絵師としての地位を確立した作品だが、その後 広重 は20点もの東海道シリーズを描いている。保永堂版のおよそ15年後、嘉永2年(1849)、丸屋清次郎の寿鶴堂から『隷書東海道』のシリーズが出版された。画題が隷書体で書かれていることから『隷書東海道』、さらに『丸清版』とも呼ばれる。東海道の宿場数は53だが、このシリーズでは出発地の日本橋、到着地の京師(京都)を含めて全55枚揃となっている。