1. Home
  2. 新版画
  3. 水野年方
  4. 三井好 都のにしき(揃い)

水野年方 三井好 都のにしき(揃い)

商品NO. A1-93-191
タイトル 三井好 都のにしき(揃い)
作者 水野年方
状態 穴,シワ,シミ
サイズ 450×25cm
価格 SOLD
タグ

目録+12図

水野年方(みずのとしかた)
慶応2年(1866)〜明治41年(1908)
 浮世絵師。別号に応斎・蕉雪などがある。 芳年 の門人で14歳で 芳年 門下に入ったのち、その傍らで山田柳塘に陶器画を学び、その改良に貢献する。更に渡辺省亭の画風も学び、人物のほか風景表現にも独自の様式を確立し、師である 芳年 の激しい作風とは異なり穏やかで気品ある作品を残している。また日本美術院をはじめとする各展覧会にも作品を出品し、 芳年 以後の浮世絵に新風を送る。版画は風俗画、 戦争画 の錦絵が多い。