1. Home
  2. 浮世絵
  3. 芳艶
  4. 瓢軍談五十四場 二十三 香辺川を絶て赤松を水にしたす

芳艶 瓢軍談五十四場 二十三 香辺川を絶て赤松を水にしたす

zoomup_photo
商品NO. A1-94-229-01
タイトル 瓢軍談五十四場 二十三 香辺川を絶て赤松を水にしたす
作者 芳艶
年代 元治元年(1864)  
状態 お問合せください
サイズ 24.5×36cm
価格 12,000円(税込)
タグ

芳艶(よしつや)
文政5年(1822)〜慶応2年(1866)
浮世絵師。号に一栄斎・一英斎がある。 国芳 の門人で、 武者絵 を得意とした。酒呑童子退治の伝説や、『椿説弓張月』、『自来也説話』などの読本を主題とする作品が多く、勇猛な武者とともに、妖術を操る人物や巨大な化物を大胆な構図で描く点に特色がある。