1. Home
  2. 春画
  3. 豊国
  4. 絵本開中鏡(えほんかいちゅうかがみ)

豊国 絵本開中鏡(えほんかいちゅうかがみ)

商品NO. A1-94-525-18
タイトル 絵本開中鏡(えほんかいちゅうかがみ)
作者 豊国
年代 文政6年(1823)
状態 穴,シワ,シミ,擦れ,折れ
サイズ 15.5×22.5cm
価格 SOLD
タグ

豊国(とよくに)
明和6年(1769)〜文政8年(1825)
浮世絵師。画号に一陽斎などがある。芝神明前に居を構える木彫人形師の子として育ち、豊春門下で学ぶ。寛政6年(1794)刊行の「役者舞台之姿絵」シリーズは、流麗な線、明快な色調のもたらす生気に満ちた迫力が好評を得、同時期の写楽が姿を消すのとは対照的に 役者絵 の第一人者となる。 役者絵 と共に 美人画 も良くし、幕末最大の画派となる歌川派を率いた。