1. Home
  2. 新版画
  3. 吉田博
  4. 日本アルプス十二題 雷鳥とこま草 

吉田博 日本アルプス十二題 雷鳥とこま草 

商品NO. A1-95-088-04
タイトル 日本アルプス十二題 雷鳥とこま草 
作者 吉田博
年代 大正15年(1926) 
状態 焼け
サイズ 40.5×27.5cm
価格 SOLD
タグ

吉田博(よしだひろし)
明治9年(1876)〜昭和25年(1950)
新版画 家。図画教師の養子として育った後、上京。小山正太郎の不同舎で学ぶ。明治美術会会員となり、後に太平洋画会を創立。明治32年(1899)には渡米し、各地で油彩画展を開きながら欧米を旅行。以後、海外への取材旅行や展示を盛んに行った。のち 川瀬巴水 と共に渡邊庄三郎の下で風景版画を数多く制作する。