1. Home
  2. 浮世絵
  3. 広重V
  4. 東海名所改正五十三駅 改正道中記 三 品川 やつ山の下

広重V 東海名所改正五十三駅 改正道中記 三 品川 やつ山の下

商品NO. A1-95-149-04
タイトル 東海名所改正五十三駅 改正道中記 三 品川 やつ山の下
作者 広重V
年代 明治8年(1875)
状態 シミ,擦れ,折れ,裏打ち
サイズ 23.5×34cm
価格 SOLD
タグ

広重V(ひろしげ)
天保13年(1842)〜明治27年(1894)
浮世絵師。画号に、重寅・重政・一立斎などがある。初代 広重 の門人で、初代 広重二代広重 同様、『 東海道五十三次 』の制作も行ったが、作品の中心は開化絵である。発色の鮮やかな紅の合成染料を多用して描かれたその作品は「赤絵」と呼ばれ、明治当時の混乱した空気を今に伝えている。