1. Home
  2. 浮世絵
  3. 月耕
  4. 山開き(口絵)

月耕 山開き(口絵)

zoomup_photo
商品NO. A1-95-248-10
タイトル 山開き(口絵)
作者 月耕
年代 明治43年(1910)
状態 シミ,擦れ,折れ
サイズ 22×31.5cm
価格 8,000円(税込)
タグ

月耕(げっこう)
安政6年(1859)〜大正9年(1920)
浮世絵師。別号に桜斎・名鏡斎・華晩斎などがある。特定の師の下で画を学んだ訳ではなく、独学であるが、菊池容斎の画風を学び一家を成す。明治のはじめ輸出の陶磁器や漆器などの下絵を描き、更に新聞雑誌の挿絵で活躍して広く知られる。日本画の作画にも取り組み、各種博覧会などにも作品を出品。明治31年(1898)創立の日本美術院にも参加し、大正元年(1912)には第六回文展で三等賞を受けている。