1. Home
  2. 浮世絵
  3. 小林清親
  4. 新版三十二相 ちわ喧嘩のあと たかきがくをみる ちかめ ゐねむりををこされ

小林清親 新版三十二相 ちわ喧嘩のあと たかきがくをみる ちかめ ゐねむりををこされ

zoomup_photo
商品NO. A1-96-206
タイトル 新版三十二相 ちわ喧嘩のあと たかきがくをみる ちかめ ゐねむりををこされ
作者 小林清親
年代 明治15年(1882)
状態 破れ
サイズ 24.5×36cm
価格 35,000円(税込)
タグ

小林清親(こばやしきよちか)
弘化4年(1847)〜大正4年(1915)
浮世絵師。別号に方円舎・真生楼などがある。特定の師につくことはなかったが、下岡蓮杖、河鍋 暁斎 と親しく、柴田是真との交流もあった。また明治7年(1876)前後にはワーグマンの下で一時洋画を学んだ。洋画の手法を取り入れた新様式の錦絵「光線画」を編み出した。また風刺画も手掛け、後年は肉筆画も多く描いた。