シリーズ詳細情報

東海道五拾三次(行書版) (とうかいどうごじゅうさんつぎ)

天保3年(1832年)に刊行された『保永堂版 東海道五拾三次 』は、 広重 の浮世絵師としての地位を確立した作品だが、その後 広重 は20点もの東海道シリーズを描いている。保永堂版のおよそ10年後、天保13年(1842年)に江崎屋辰蔵・吉兵衛より刊行されたのが『行書東海道』のシリーズである。外題が行書で書かれているため、『行書東海道』と呼ばれる。東海道の宿場数は53だが、このシリーズでは出発地の日本橋、到着地の京師(京都)を含めて全55枚揃となっている。

Searched by  シリーズ  "東海道五拾三次(行書版)" 検索条件を変更する

検索結果2件中 1件から2件までを表示

商品No:A1-96-101-02
広重
東海道五拾三次(行書版)

東海道五十三次之内 箱根

価格95,000円(税込)
商品No:A1-96-101-01
広重
東海道五拾三次(行書版)

東海道五十三次之内 沼津 名物鰹節を製す

価格-
 
  • 1
カテゴリ キーワード 作家名
価格 - ¥