シリーズ詳細情報

名勝美人会 (めいしょうびじんえ)

明治期の 美人画 家として人気を博した楊州周延。『名勝美人会』は、景勝地を背景に彼が得意とする美人を描いた作品である。 美人画名所絵 とを組み合わせた趣向の作品は江戸時代にも存在したが、美人をバストショットで配し、かつ風景をパノラマ的に描く表現は、どこか記念写真を思わせ、いかにも明治の浮世絵らしい新しさが感じられる。青一色で表された風景と、色鮮やかな美人との対比が目に美しい。

Searched by  シリーズ  "名勝美人会" 検索条件を変更する

検索結果1件中 1件から1件までを表示

商品No:A1-92-445
周延
名勝美人会

名勝美人会 武州花が浦

価格-
 
  • 1
カテゴリ キーワード 作家名
価格 - ¥