シリーズ詳細情報

風俗三十二相 (ふうぞくさんじゅうにそう)

武者絵役者絵歴史画 など多種多様な分野に活躍した 芳年 であるが、美しい女性を題材とした作品も多く残した。明治21年(1888)刊行の『 風俗三十二相 』は、「嬉しそう」「眠そう」「あったかそう」といった、女性たちの感情を魅力的に描き出した揃物である。黒目を小さく、眉毛や唇に細やかな動きを与えて描くことで、 芳年 は彼女らの心の機微をも描き出すことに成功している。本作のおよそ10年前に発表された『見立多以尽』にも同様の趣向がみられるが、説明文を添えず、表情や仕草だけで女性の心のうちを描写しようとする本シリーズには、晩年になってもなお衰えない 芳年 の気概が感じられる。

Searched by  シリーズ  "風俗三十二相" 検索条件を変更する

検索結果3件中 1件から3件までを表示

商品No:A1-99-165
芳年
風俗三十二相

風俗三十二相 めがさめさう 弘化年間むすめの風俗

価格-
 
商品No:A1-98-287
芳年
風俗三十二相

風俗三十二相 あぶなそう

価格-
 
商品No:A1-91-507
芳年
風俗三十二相

風俗三十二相 むまさう 嘉永年間女郎之風俗

価格-
 
  • 1
カテゴリ キーワード 作家名
価格 - ¥